反原発のデモに参加している人たちを見ていると、主張より何より、
憎しみと怒りに凝り固まった空気感に、近寄りがたいときがある。
廃棄物や汚物呼ばわりされる福島原発に、樋口いくよはこう呼びかけます。

原発と祈り 価値観再生道場 (ダ・ヴィンチブックス)原発と祈り 価値観再生道場 (ダ・ヴィンチブックス)
(2011/12/16)
内田樹×名越康文×橋口いくよ

商品詳細を見る

今まで休まずに電気を届けてくれてありがとう。
どうか穏やかな最後を迎えてください。
・・・
... 続きを読む
2012.10.15 / Top↑
山形の母は私が小さいころからよくこう言ってました。
「自衛隊が憲法違反だとか、ムダだとかいう人がいるけどとんでもない。
さあという時に頼りになるのは自衛隊なんだから」

日本に自衛隊がいてよかった 自衛隊の東日本大震災日本に自衛隊がいてよかった 自衛隊の東日本大震災
(2011/09/11)
桜林美佐

商品詳細を見る

昨年の大震災では多くの人がそう思ったことでしょう。
... 続きを読む
2012.07.05 / Top↑
まもなく震災から1年がたとうとしています。

河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙
(2011/10/27)
河北新報社

商品詳細を見る

読む前は、日航機墜落事故をモデルにした「クライマーズハイ」を
勝手にイメージしていました。
でも全然違ってた。
... 続きを読む
2012.03.04 / Top↑
政府の東電福島第1原発事故調査・検証委員会が中間報告を公表しました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111226-00000075-jij-soci
委員長を務めた畑村洋太郎先生(東京大学名誉教授)が、
「委員になると守秘義務が生じてしまうから」といって、
就任前に駆け足でまとめられたのがこの本です。

未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書)未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書)
(2011/07/15)
畑村 洋太郎

商品詳細を見る
... 続きを読む
2011.12.28 / Top↑
今年最後の消アド映画会は、期間限定で再上映された、
鎌仲ひとみ監督「ミツバチの羽音と地球の回転」。
昨年春公開のときは観ようと思わなかったんだけど、
原発事故後の今だから、検証の意味でもぜひ観たいなあと思いまして。

瀬戸内海に浮かぶ祝島。
農業と漁業の島に上関原発計画が持ち上がって28年。
一貫して反対してきた島民の姿を、ドキュメンタリーで描き出しています。
... 続きを読む
2011.12.12 / Top↑