祝・高校合格

ムスメの高校の合格通知が届きました。
単願推薦なので、大丈夫と思ってはいましたが・・・

学校指定の購入物品として、体育着・内履き・割ぽう着???

学校案内のパンフレットを見返してみると、
美術のときはスモック代わり、
化学の実験では白衣代わり、
運動会ではタスキ代わり(?)に、
紺地に大きな白い水玉の割ぽう着を着用した生徒たちの写真が満載でした。

さすが創立100年を超える、良妻賢母が校風の女子高です

 

板かるた

息子の中学校で今週土曜日に開催される百人一首大会の練習が始まりました。
幼稚園のころからお正月になると家族でかるた遊びに興じていた息子、
上の句だけでとれる札もそこそこあります。
ところが・・・

・取り札が紙ではなく、木でできている。
・上の句を読まない。
 しかも、とった下の句を再度読み上げ、
 続けて次のかるたの下の句(なぜ?)を読み上げるというルール。
・取り札にかかれた下の句が流麗すぎて、ちっとも読めない
・しかも必ず5人一組の団体戦。

というわけで、息子壊滅。

でも、北海道の人は「百人一首って、これが普通でしょ?」というんです。
通称「板かるた」。
トイザらスで売ってるかな・・・・明日買ってきて練習しよう。 

儲美頭信健

消費者トラブルになりやすい5つのパターンに、
儲美頭信健(ちょびっと、しんけん)があります。

「儲かります」
 ・・・マルチ、先物、証拠金取引、内職商法など。

「美しくなります」
   ・・・エステ、化粧品や痩身グッズの通信販売など。 
続きを読む

高校入試

今日はムスメの入学試験日でした。
私立の女子高、単願(一校しか受験しないことをこう呼ぶらしい)です。

「どうだった?」聞いたらば、
「みんなちがってみんないい、って四字熟語でいうと、
三人十色(さんにんといろ)だったよね?」

一人3.3333色なのか。普通は十人十色というのだ、ムスメよ。

三人三様とごっちゃになっちゃったんだね・・・・
四字熟語はムズカシイ。 

借入れの理由

去年、金融庁さんから貸金業法改正の話を聞いた続きで、
地元の財務局さんから多重債務問題解決についての話を聞きました。
消費者金融、当初の借入れ理由第1位は収入の減少
2位は低収入です。
飲み食い、ギャンブル、ショッピングなんて理由はずっと後。
事業資金の補填や他人の債務保証ならまだわかるけど、
生活費ですよ、生活費。

借金が主に生活費に当てられているということで、
弁護士さんたちは
「誰もが多重債務に陥る可能性がある」といいますが・・・ 
続きを読む

競争やめたら学力世界一

PISA(学習到達度調査)トップの国フィンランドの教育に迫る本(朝日新聞社刊)です。
著者は都留文科大教授の福田誠治さん。
フィンランド教育関係の著作を何冊か読んだ中では、これが一番よかったです。

ゆとり教育の目指すところは間違っていないんだけど、
社会のしくみがこれだけ違うところにポンとのっけたため、
現場ですべってしまった・・・のが日本の実情といったところでしょうか。

ところでPISAってOECD(経済協力開発機構)の調査なのよ。
文部科学省じゃなくて、外務省と経済産業省が子どもの学力を調べてるようなもの。
なんでかっていうと・・・ 
続きを読む

山形弁

独身の時分に趣味で作成した山形弁の辞典(形和辞典)があります。
この間、山形弁研究家のダニエル・カールさんにも差し上げました。

以下、その中に収録されていない言葉です。

ばよう(動詞)    奪う。 <参考>ばよっくら(奪い合い)
ふだふだ(副詞)   たっぷり。十分。
よったり(名詞)    四人。
ひとがだぎ(複合名詞) 一回の食事のこと。 <参考>まいがだぎ(毎食)
みなづらいして(複合)  全員揃って。一斉に。
~ぱっつ(助詞) ~だけ。~ぽち。<参考>これっぱっつ(これっぽち)

もっと知りたい方は・・・ 
続きを読む

「鹿男あをによし」の校長先生って

「たまき・ひろし」だっけ?と娘。

それは主役の名前でしょうが!

校長先生は児玉清(こだま・きよし)です。 

冬の外出必需品

北海道の道路は今時分、
車道も歩道も区別なく、
真っ白に凍ります。

そこでベビーカーやシルバーカーの代わりに役立つのが、
プラスチック製のそり。
内地では、子どもが雪遊びに使う赤や青のアレです。

ちょっとした買いものや用足しなどは、
幼児や荷物を載せたそりをひいてでかけます。
もちろん、そのまま信号も渡ります。
スーパーに入るときは外にそりを立てかけて、
帰りはカートから直接荷物をそりにうつします。

なんだか、北欧にいるような気分ですよ! 

ペパーミントゼリー

台所のクックカードケースから、ペパーミントゼリーのレシピを見つけた息子。
なにしろ、千趣会の料理ブック1976年の付録という年代もの(32年前・・)なので、簡単にはできません。

 粉ゼラチン一本に対する水の分量240cc
-ゼラチンをふやかすお湯(80℃)の分量20cc
-(レモン汁30cc+ペパーミントリキュール30cc)=???

さらに粉ゼラチン2本で作るということは???

砂糖はいつ入れるの~??? 
続きを読む

おひとりさまの老後

上野千鶴子さんのベストセラーです。

シングル女性の老後についての提言ですが、
あくまでも経済的な裏打ちがあり、自己決定のトレーニングも積んできた「おひとりさま」が対象です。すべての女性に当てはまると勘違いしてはいけません。

モンダイは、「おひとりさま」にすらなれない人たち。
生活スキルもインフラも持たないタダの「孤立した年寄り」が、
不安の中で社会の不良債権化しつつあること。
昨日も・・・ 
続きを読む

SPのBGM

話題のドラマ「SP
正月の総集編でようやく見ることができました。

岡田准一くんもいいけど、なんといってもBGMが卓抜。

第3話で、元軍人テロリストが病院内を行進するシーン。
ショスタコービッチの交響曲第7番「レニングラード」のアレンジによる長回し、
選曲さすがです。

ちかおばちゃんは思わず・・・ 
続きを読む

貧乏男子

小栗旬ボンビーメンがいよいよ始まりました。

性格が優しくて、明るく律儀な反面、見通しが甘くてモノを考えてないところなど、一美はいまどきの多重債務の若者キャラそのもの。製作はよく見てますね~。

人気メルマガが本になった、「借金は身を滅ぼす」(青島・著)が原作かと思いましたが、違うようですね。

この本、まだ読んでない人がいたら、ぜひオススメします。
現役大学生(たぶん東北大学、しかも経済学部!)が多重債務の底なし沼にずぶずぶとはまっていく様子を描いた、実にリアルな記録です。
小学生の息子もとりつかれたように読んでました・・・ 

株式学習ゲーム

証券知識普及プロジェクト主催の、学校教育向けセミナーに行ってきました。

このプロジェクトには日本証券業協会や東京証券取引所グループなどが参加し、学校への株式学習ゲームの導入等を進めています。

株式学習ゲームとは、生徒が仮想所持金1,000万円を元手に現実の株価に基づいて学校からネットで模擬売買を行い、数ヶ月後の投資収益の多寡を競うというものです。
日本に導入されて10年、7万人以上の中高校生が参加しています。

新聞を読むようになる、家族(父親)との対話を促すなどのメリットがあるようですが・・・・ 
続きを読む

金融教育、わずか3割

下の子はお年玉を握りしめて、さっそく狙っていたPSPをゲット。
ご満悦であります。

さて、元日の毎日新聞の配信によると、子どもにお金の教育を実践しているサラリーマン家庭は83.5%が「必要」と答えているにもかかわらず、実践しているのは31.8%にすぎないそうです。

おもしろいのは、実践している家庭の年収別では「1500万円以上」が50%と最も高く、次が「300万円未満」の層。
お金持ちはきっちりお金の教育をしているからますますお金持ちになり、低収入の家庭は生活防衛のためにお金のやりくりを考えざるを得ない、といったところでしょうか。

しかし、ちかおばちゃんはだまされない。
調査というのは、数字のウラを読み解かなければいけません。

①回答者が男性である。
 この意味するところは・・・

 
続きを読む

人妻魂

嵐山光三郎人妻魂(ひとづまだましい)」読みました。
いやらしい本ではありません。

いうなれば、嵐山流明治、大正、昭和の名流婦人図鑑です。
夏目漱石、国木田独歩、坪内逍遥、森鴎外、島崎藤村、北原白秋、泉鏡花といった大文豪の奥さんはどんな人であったか。
与謝野晶子、田村俊子、柳原白蓮、平塚らいてう、林芙美子、坪井栄、幸田文などの人妻ぶりはどのようなものであったか。

いやあ、おもしろかったです。
それにしても・・・・



 
続きを読む

6+5×2

中学3年生のムスメ、
高校受験に向けてこの冬休みが正念場です。

志望校も家から程近い私立の女子高(専願)に決定。
1月末に入学試験があります。
で、正月返上で勉強させているんですけど・・・

6+5×2=22

ん?ちょっと待って・・・・


 
続きを読む

日本のオーラ

江原啓之氏の著作です。
タイトルこそスピリチュアルブックですが、中身はりっぱな社会評論書。

「教育は、学力よりも教養(真・善・美に感動する心)」
「不便さを我慢する心が人を向上させ、環境問題を解決する」
「情報化社会では想像力と分相応が大切」
「今の30~40代は物質信仰の親に育てられた主体性欠如世代」
など、もっともな意見が綴られています。

それが霊魂の視点から語られているところがいまいち「怪しげ」と思われてしまうゆえんなのですが、ちかおばちゃんにしては実にあたりまえのことばかりです。

だって・・・ 
続きを読む

ほんものの神社

あけましておめでとうございます。
初詣はどこに行きましたか?

ムスメが通っているセラピーの先生によると、
今時の神社は商売優先で、神様が感じられないところがほとんどだそう。

波動の高いほんものの神社は、
札幌市内にはわずか2ヶ所しかないそうです。

そこは・・・ 
続きを読む