資本主義はなぜ自壊したか

言わずと知れたビジネス書のベストセラー。
オットが珍しく読みたがった本です。
年末から増刷待ちで、やっと手にいれることができました。

資本主義はなぜ自壊したのか 「日本」再生への提言資本主義はなぜ自壊したのか 「日本」再生への提言
(2008/12/15)
中谷 巌

商品詳細を見る


オットは「お前が15年前から言ってることが書いてあるぞ」といいます。 
続きを読む

人権擁護委員

養育していた7歳の女児を殴ったりピンでさすなどし、
傷害容疑で里親が逮捕されたというニュース。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/149654.html?_nva=30

驚くのは、逮捕されたこの女性、
人権擁護委員と民生児童委員を務めていたそうです。 
続きを読む

スポーツ県民歌

昨日の秘密のケンミンSHOWで、
横浜市民にしか歌えない愛唱歌として「横浜市歌」があげられていたが、
山形ならさしずめ「スポーツ県民歌」だな。
こちらのサイトで聴けます。
        
http://yamagata-np.jp/douyo/

運動会の練習で、みんな歌ったでしょ~?
小学生だった私は、サビの部分の・・・ 
続きを読む

子どものケータイ契約のポイント

中学生の2割“ケータイ漬け” メールは一日に50件以上
というのが25日、文部科学省の調査でわかりました。

インターネットに接続した携帯電話は、
子どもに24時間自由に外部と行き来できる専用の玄関を与えるようなもの。
一度与えてしまってから、
カギをかけるのはたいへん難しいのです。
でも、契約時に親がちょっと気をつけることで防ぐことができるんです。

ネットやメールで起きるトラブルについて・・・
 
続きを読む

公正証書を作ろう

研修で、公証役場の方のお話をうかがいました。

離婚の場合、
調停にかけてきちんと取り決めたほうがいいことまでは知ってたけど、
公正証書で約束し、執行受諾を取りつけておけば、
養育費不払いのときなんか元ダンナの給料を差し押さえできちゃう。

「決めたお金を払わない」スッタモンダがなくなるのね。
結局不利益を被るのは何の責任もない子どもなんですから。

遺言も自筆証書の場合・・・
 
続きを読む

きびだんご

いつかケンミンショーで紹介されていた、
岡山県民驚愕の北海道限定きびだんごはこちら。

kibidango

見た目はキャラメルだけど、噛んだらゆべし。
素朴な風味で、けっこうはまりました。
それはそうと、大袋の裏の注意書きがすごいの・・・ 
続きを読む

祝・オスカー

おくりびとアカデミー賞の外国語映画賞を受賞しましたね!
http://chikaova.blog123.fc2.com/blog-entry-410.html
めでたいめでたい。

英題の「Departures」もいいし、
(Embalmerじゃ身もフタもないでしょ)
何より会場で配布された映画紹介ポスター&パネルが、
ちかおばちゃんの望みどおり、
鳥海山とチェロを弾くもっくんの春景色なのよ!
このチラシ、欲しい~

欲を言えば・・・
 
続きを読む

機械工学志望?

今まで将来の夢について、
自分から考えたことなどなかった息子が、夕食時、
「僕は工学部に行こうと思う。機械をやりたい」と言いだした。

中学校の進路探究学習で、
大学の学部しらべをしたらしい。

あまりの唐突さに思わず家族中がのけぞった。
夫なんて「残念ながらお前には向かないだろう」といきなり出鼻をくじくし。
だって・・・

 
続きを読む

カニサンド

kanisando

小学校の時に課題図書で、
湯野誠一挿絵の「犬のいない家」という本を読みました。
その中で主人公の女の子が、
木の上でカニのサンドイッチを食べるシーンが印象的で、
それ以来のあこがれの食べものです。

でも、実際作ってみると卵やハムやツナほどおいしくないのはなぜだろう・・・ 
続きを読む

DQN家族の日常

3年前に読んだときはその観察眼に舌を巻きましたが、
今読むと実に先見性を感じます。

しみったれ家族 平成新貧乏の正体しみったれ家族 平成新貧乏の正体
(2005/08/31)
畸人研究学会

商品詳細を見る

日本のふつうの家族は、
いったいどこへ向かっていくのでしょうか・・・。
 
続きを読む

カーリングペアレント

フィンランドでは、
子どもに先回りしてあれこれと手を打つ親のことを、
カーリングペアレントと呼ぶそうです。

子どもというストーンをより早く目標に滑らせるために、
氷面をブラシで掃く姿になぞらえたわけですね~。

そう思って周囲の親を見渡すと・・・ 
続きを読む

必ず成功する読み聞かせ

読み聞かせなんてできないわ~」というママを誘って、
「自分の好きな絵本を家でやってるのと同じように読めばいいのよ」
って言う人、いますよね。

でも、そういう人ほどあんまりウケてなかったりする。
まじめで本好き、教育熱心なママほど
実は読み聞かせに向いてないんじゃないかっていうのが私の持論。
日本語力だの心の豊かさだの、
教育的効果を期待した読み聞かせなんて面白くもなんともないでしょ。

集団の読み聞かせにはポイントがあるのです。

かならず成功する読みきかせの本かならず成功する読みきかせの本
(2008/09)
赤木 かん子

商品詳細を見る
 
続きを読む

道徳と経済

「道徳のない経済は犯罪である。
 経済のない道徳は寝言である。」

江戸時代にこう言ったのは、
薪を背負って書を読んでいた二宮金次郎さん改め、
二宮尊徳さんです。 
続きを読む

スノボデビュー

この間お泊りに行ったK君ちのお母さんが、
スノーボードのインストラクターをしているというので、
息子は友達4人とキロロリゾートでスノボデビュー。

帰ってくるなり夕食もそこそこにダウンです。 
続きを読む

神様をつれてやってきた

著者はさくらチーズを作っている新得協働学舎の創設者です。

みんな、神様をつれてやってきたみんな、神様をつれてやってきた
(2008/11)
宮嶋 望

商品詳細を見る

「今の親はたぶん、まっすぐ上に伸びる木に育つことを望んでいるに違いない。
親の要求のまま「いい子」になろうと、背伸びしている子どもも少なくない。
やがて子どもは社会に巣立つ。
・・・そのとき、どの木が丈夫で健康だろうか?」 
続きを読む

さくらチーズ

今年も来ました!
春限定、共働学舎新得農場の「さくら」
数多くの国際賞を受賞し、
洞爺湖サミットでも人気を博した知る人ぞ知るチーズです。

sakura

手づくりのため去年までは手に入れるのに苦労してましたが、
今年は札幌駅北コンコース、
北海道どさんこプラザ札幌店でも扱うようになりました。

しかも・・・

 
続きを読む

花畑牧場生キャラメル

今月、地下鉄南北線さっぽろ駅改札前に、
アピア内花畑牧場直営店がオープン。
空港や牧場まで行かなくても手に入りやすくなりました。

hanabatake

一日5~6回の入荷で・・・


 
続きを読む

デパートの悲哀

デパートの婦人服売り場ってたいてい、
2階がヤングカジュアル(~20代)、
3階がキャリアアダルト(30~40代)、
4階がミッシーミセス(50代以降?)に分かれてるのね。
 
数年前までは3階を中心に買い物をしていたはずなのに、
いつの間にか4階にいくことが多くなってる!


 
続きを読む

のりゆきのトークDE北海道

先週、
のりゆきのトークDE北海道についてコメントを書きましたら、
UHBのディレクターさんから出演依頼が・・・

というわけで、今日、
13日(金)「どうしたらいいの?子育て編」
にゲストコメンテーターとして出演してまいりました。

相談の内容は・・・ 
続きを読む

情報探偵セキュリーナ

今月は情報セキュリティ強化月間。
というわけで、
経済産業省認定セキュリティアイドルセキュリーナをご存じですか?

セキュリーナ

 
続きを読む

天職と適職

スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんが、
いろんなところで「適職」と「天職」のちがいをお話されています。

適職とは、生活するお金を得るために自分に合った仕事のこと。
天職とは、この世に生まれてきた目的となるような仕事のこと。

そう、適職天職ではないのです。

適職の場合、我慢しなくちゃならないことも多いでしょう。 
続きを読む

「自分探し」がうまれたわけ

あいのり、イラク人質事件、サンクチュアリ出版、
自己啓発セミナー、フリーター、
路上詩人、作務衣姿のラーメン屋・・・
団塊ジュニアどまんなかの著者が、
自分探し」をキーワードにこうした現象を読み解いています。

自分探しが止まらない (ソフトバンク新書)自分探しが止まらない (ソフトバンク新書)
(2008/02/16)
速水 健朗

商品詳細を見る

 
そもそも自分探しをそそのかしているのは・・・ 
続きを読む

演劇教育の可能性

毎週楽しくひまわりに通団しているわが家の子どもたち。
NHK「天地人」与六役、
「わしはこんなとこ来とうはなかった」で話題の加藤清史郎クンも、
ひまわりの児童部です。

日本の子どもたちには、
演劇教育が必要だと思うんです。

いじめ問題しかり、今の子どもたちは
「自分中心で他人の立場や心がわからない」と言われていますが・・・ 
続きを読む

団塊の蕎麦打ち男

仕事がらみで団塊世代の男性と食事する機会があったのですが、
帰り際に趣味の陶芸作品(!)を渡されてびっくり。

団塊世代って、
蕎麦打ち男も多いけど、陶芸男も多いんだった。

それでいいのか 蕎麦打ち男それでいいのか 蕎麦打ち男
(2005/09/21)
残間 里江子

商品詳細を見る

 
続きを読む

金魚鉢風水

風水では、
新しい年の運気は立春から動きだします。
豆まきで鬼=悪い運気を追いやって、
よい運気を招きいれましょう。

開運の決め手は「動く水」。
というわけで、金魚鉢風水をご紹介します。
kinngyobachi
置く場所や金魚の数は・・・
 
続きを読む

思春期の子どもの怒りかた

子どもが中学や高校にもなると、
小さいころのままの怒り方では通用しなくなる。

理詰めでいけばいいかというと、
かえって反発をくらうこともあるし。

とはいえ、
言わなきゃいけないことは言わなきゃいけないわけで。

私も悩んでおりましたが、先日、裏ワザを発見してしまった。
それは・・・
 
続きを読む

12人の優しい日本人

裁判員制度が始まってから取りざたされることが多くなりました。

12人の優しい日本人 [DVD]12人の優しい日本人 [DVD]
(2000/10/25)
塩見三省豊川悦司

商品詳細を見る


ムスメが生まれる1年前、1991年公開の映画です。
そのころよく観てた「やっぱり猫が好き」の三谷幸喜脚本、
「櫻の園」の中原俊監督ですもの、
おもしろくないわけがありません。
 
続きを読む

裁判官の人情お言葉集

昨年の「裁判官の爆笑お言葉集」より、
私的にはこっちが好きです。

裁判官の人情お言葉集 (幻冬舎新書)裁判官の人情お言葉集 (幻冬舎新書)
(2008/09)
長嶺 超輝

商品詳細を見る


この方、一作ごとにどんどん筆力が上がってきたような気がする。
紹介された裁判官のキャラが立ってます。
 
続きを読む