それぞれの旅立ち

本日付で、任期満了により無事退職いたしました。
雇止めはがんばって資格を取った意欲のある若い人に、
経験を積むための扉を開くという意味があります。
私は来年北海道を離れることがわかっているので、
それも含みおいての円満なバトンタッチです。

最長で5年のところ9ヶ月もおまけしてもらったし、
年次休暇もぜんぶ消化させてもらいました。
同日付けで定年退職となる課長と送別会の二次会で
「北空港」をデュエットしたことは忘れないでしょう。
 
続きを読む

領収書

北海道ではお通夜のとき、
お香典に領収書が出るときいてはいたけど・・

領収書

ホントにもらえた。
 
続きを読む

ぼんくら

相談室の同僚に借りっぱなしだったこの本、
退職する前に返さなくちゃ!とがんばって読みました~。

ぼんくら(上) (講談社文庫)ぼんくら(上) (講談社文庫)
(2004/04/15)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

ぼんくら(下) (講談社文庫)ぼんくら(下) (講談社文庫)
(2004/04/15)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

受け持ちの長屋を行き交う人々を見守るぼんくら同心平四郎は、
舞台を江戸に移した「新参者」加賀恭一郎か。
宮部みゆきの時代ものミステリーは初めて読んだけど、
卓越したキャラ設定に、登場人物が脳内映像を駆け巡りました。
 
続きを読む

ものもらいの呼び名

るんまんさんのブログにものもらいの記事が書いてありました。
うちはオットの転勤で全国を転々としてますが、
行く先々でものもらいの呼び名が違うのにびっくり!

生まれ育った山形では「ばか」、
結婚した東京では「ものもらい」、
転勤先の新潟では「めっぱち」、
次の名古屋では「めんぼ」、
次の金沢では「めもらい」「めばちこ」、
そして札幌では「めっぱ」。。
 
続きを読む

お金で買えないもの

NHK「マイケル・サンデル 究極の選択」では、
時々消費生活がテーマに掲げられます。

サンデル教授はコーディネーターで、
ゲストや学生がテーマに応じて意見のやりとりをするのですが、
大きな問題だなあと思うのは、
学生に立場や経験の違う意見を投げかける役割であるゲストに、
既婚女性が圧倒的に少ない(ほとんどいない)こと。

 
続きを読む

好きな女性のタイプ

きのう「メレンゲの気持ち」で、
佐藤健くんが好きな女性のタイプを告白してました。

1、おもしろい人
2、家事ができる人
3、色気のある人

らしいです。
 
続きを読む

日本一健康な県

厚生労働省は1月、
食塩や野菜の摂取量、一日当たりの歩数、
喫煙割合などの生活習慣を調査した、
「国民健康・栄養調査」の都道府県別データを公表しました。
http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_soc_tyosa-health20120131j-11-w400seikatsusyukan

また、厚生労働省は今月1日、
都道府県別の年齢調整死亡率を発表しました。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120302k0000m040044000c.html

ふたつの調査を比較すると、
生活習慣が死亡率と密接にリンクしていることがわかります。
 
続きを読む

今日も鮭弁当

夕べの焼きジャケとポテトサラダの残りでお弁当。
鮭弁2
ポテトサラダはどこかって?
 
続きを読む

卒業記念品

今日は相談室のみんなが、
卒業祝賀会を開いてくれました♪
クーレンズ
記念品は、「お手元用メガネ」・・そう、リーディンググラス。
クーレンズで、「恋愛ニート」の室井滋に衣装協力してるのと同じフレームに、
ぴったりのレンズを入れてもらいました。
どうもありがとう。。

 
続きを読む

予備校選び

この連休中まったく勉強せず(いつものことだが)、
PCの前で歌を歌ってるかスマホを触ってる息子を目の当たりにしたオット、
息子を予備校につっこむように言ってきた。

で、申し込んだのは駿台。
その理由は・・
 
続きを読む

マーガレット・サッチャー

夫と恒例夫婦50割で映画館へ。
今日はメリル・ストリープがアカデミー賞主演女優賞に輝いた、
「マーガレット・サッチャー~鉄の女の涙」。
サッチャー
札幌では珍しく、最前列まで席が埋まっていました。
が・・周囲はみなメリル以上のおばあさん(←夫曰く)ばかり。
 
続きを読む

ひよっこ茶人、茶会へまいる

茶道の本・・っていうと実用書か専門書のたぐいと思いがちだけど、
インターネットで出会った茶の湯愛好家たちが、
地域や流派の垣根を越えてお茶を愉しむほのぼのエッセイ。

ひよっこ茶人、茶会へまいる。 (朝日文庫)ひよっこ茶人、茶会へまいる。 (朝日文庫)
(2011/08/05)
松村栄子

商品詳細を見る

ネット上に広がる、自由闊達で、豊饒な現代の茶の湯の世界。
オフ茶会では鎌倉、京都、飛騨高山、サンフランシスコにも飛んでいく。
男性や若者、経験の浅い人が中心なのもおもしろいことです。 
続きを読む

いただきコッコちゃん

飛び石連休でオットが帰ってきたので、
家族で恒例「いただきコッコちゃん」へ。(↓壁画)
コッコちゃん

札幌といえばラーメンや寿司やスープカレーが有名だけど、
観光客値段で味とコスパが釣り合わないお店も多いんです。
で、内地の人に自信をもってオススメしたいのは「ヤキトリ」。
とにかく美味い、しかも安い。
どさん子は地元の鶏肉が全国区のおいしさだってことに気がついてな~い!


 
続きを読む

ショックなできごと

きのう息子が学校から帰宅すると
「地理の先生が亡くなったらしくて、
 なんか職員室がたいへんだった。
 無理心中かもしれないって 」

あ、新聞で見たあの記事だ!Y先生だったの?
「そう。和顔施の」
 
続きを読む

死語の世界

きのう職場で「筆箱」と言ったら若い人にビックリされた。
じゃあ何ていうの?ときいたら、「筆記用具」でいいんだって。
ばあちゃん子だったこともあると思うけど、
日常のコトバで、今はそう呼ばなくなった名前のものって、
けっこうあるんですよねえ。

たとえば・・・
 
続きを読む

ヒューゴの不思議な発明

今月の消アド映画会は、アカデミー賞5部門を制覇した、
「ヒューゴの不思議な発明」。

ヒューゴ

パリの街並み、動く歯車、迫る機関車・・
今まで見た3Dの中では最高の出来。
小洒落たファッションや小道具が描かれた、
スモーキートーンの映像が素晴らしかったです。

 
続きを読む

冬の室温日本一

天気予報でおなじみのウェザーニュースが、
冬の全国の部屋の温度と服装について調査しました。
http://weathernews.com/ja/nc/press/2012/120207.html

いつもいる部屋の温度が全国で一番高かったのは、
やっぱり北海道。
真冬の半袖短パン率も最南端の沖縄、長崎に次ぐ堂々3位。

一方、厚着率日本一は・・

 
続きを読む

契約の成立

今回高校生の消費者講座に出向いたのは中高一貫の進学校です。
政治経済をしっかり学んでいるはずなのに、
基本的な契約クイズではほとんどの生徒が不正解。

<契約の成立はいつ?>※一般的な売買契約の場合
①「これにしましょう」と勧められ「はい」と返事をした
② 契約書に名前を書いてハンコを押した
③ 品物を受け取った
④ 代金を支払った
⑤ 開封して使用した

さて、何番でしょう?

 
続きを読む

大人のチュールスカート

チュールレースのスカートは女の子の永遠の憧れ。
色は春らしいアイボリーベージュです。
チュールスカート1
スカートだけ見たら抵抗あるけど、、
ピッタリサイズのニットやシャツ、黒ジャケットとコーディネートすれば、
40代、50代でも、お仕事でもダイジョーブ(たぶん)!

 
続きを読む

好きになれない理由

この記事はブロとものみ閲覧できます
 

山口美江死去

きのうの昼休みに飛び込んできた、
山口美江さんの訃報。
「いなり寿司食べたい!の人?」と言ったら、同僚が、
「しば漬け食べたい!でしょ」と・・

そうそう、山口美江はしば漬けでした。
「でもいなり寿司のCMもあったよね?
 夜中に突然食べたくなって、コンビニに買いにいくやつ。
 あの女優さん誰だっけ?」
と言ったら、課の人はだれもそのCMを知らないって。ウソ~!
 
続きを読む

梅散る

この記事はブロとものみ閲覧できます
 

サクラサク

この記事はブロとものみ閲覧できます
 

だいこんの花

2週間ほど前、豆苗と並べてココット皿に入れておいた大根のヘタに、
花が咲きました♪
だいこんの花
春なのね~♪ 
続きを読む

お花見女子会

1年ぶりに、弁護士会市民モニター時代の女子メンバーと、
東京ドームホテル札幌の日本料理店でランチ女子会。

メニューは期間限定、桜花御膳です。
桜花御膳

 
続きを読む

鮭弁当

北海道は鮭がホントにおいしいんで、
お弁当に焼きシャケの登場回数が多いです。
鮭弁1
 
続きを読む

模試の結果

息子がはじめてまじめに受けた(?)
進研模試の結果が帰ってきた。

息子が書いた志望校の合格可能性判定は全てEランク。
そりゃあ、毎日スマホいじってるか歌うたってるかだもの。
でも本人、いたってケロッとしたもの。
去年はFランク(←見たことある人いる?)がありましたから!

で、どのへんの大学を志望してるのかと思ったら・・


 
続きを読む

河北新報の一番長い日

まもなく震災から1年がたとうとしています。

河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙
(2011/10/27)
河北新報社

商品詳細を見る

読む前は、日航機墜落事故をモデルにした「クライマーズハイ」を
勝手にイメージしていました。
でも全然違ってた。
 
続きを読む

お雛さまがいっぱい

ひな祭りには、実家の母が贈ってくれた親王飾りのほかに、
3組のおひなさまを飾ってお祝いします。

これは、名古屋の義母が作ってくれた雛段のタペストリー。
タペストリー
 
続きを読む

卒業講座

時節がら中学や高校の卒業前の消費生活講座に出向くことが多いのですが、
まだまだ世間では、消費者講座とは、
「悪徳商法に騙されないため」と思っている人が多いみたい。

家庭科や社会科の先生はもちろん、
消費者啓発で講師をつとめる人の中にも、
「キャッチセールス、アポイントメントセールス、マルチ、多重債務」
が若者が陥りやすいトラブルの代表だと思っている人がいるんです。

けれども、2010年に改正貸金業法と改正割賦販売法が施行され、
収入のない若者はクレジットやキャッシングができなくなったことで、
ここ1~2年というもの、
大学生や定収のない若者の間でこうしたトラブルが激減しています。

 
続きを読む