介護離職ゼロ

私ってば、ブラックで定着しない介護職の待遇を改善して、
離職ゼロをめざすのかと思ったらとんだ勘違いでした。
親の自宅介護のために離職する人をゼロにするってことだったのね。

安倍さん、特別養護老人ホームの大幅な整備に乗り出すっていうけど、
人の手当はどう考えているんだろう。
少子化が進むってことは、
介護サービスに従事する若者の数も足りないってことなんですが。
財源だけあっても、人がいなくちゃどうにもならないでしょ。
 
続きを読む

東京ミッドタウン

名古屋の保育園時代のママ友が横浜に引っ越してきた。
ちょうど妹からもらった招待券が2枚あったので、
六本木東京ミッドタウンにあるサントリー美術館の企画展
国宝 曜変天目茶碗と日本の美」 に出かけました。

曜変天目茶碗

手のひらで包めるお茶椀の中に広がる漆黒の宇宙。
製法はいまだ不明なんだって。

 
続きを読む

欧米に寝たきり老人はいない

著者は北海道大学名誉教授で、ご夫妻共に内科医師。
札幌で「高齢者の終末期医療を考える会」を立ち上げ、
欧米各国の終末期医療の現場を訪れました。



なぜいないのかというと・・・

 
続きを読む

ぶどう三昧

東京に戻ったら、
長野県へのふるさと納税の返礼品のブドウが届いてました。
シャイマス
手前からシャインマスカット、
左奥がピオーネ、右奥がハニーシードレス。
3房で2キロ以上・・立派!
ハニーなんちゃらは初めて食べたけどはちみつのような甘さでした♪ 
続きを読む

芋煮会フェスティバル

シルバーウィークは山形へ。
20日は「日本一の芋煮会フェスティバル」でした。
真ん中の黒い鋳物の巨大ナベ、わかる?
芋煮フェス
おたま代わりの重機は新品で、
接続部はマーガリンで磨いたらしいです(笑)
 
続きを読む

老後破産

敬老の日というけれど。
        
      老後破産:長寿という悪夢
間違いなく今年の流行語大賞にノミネートされそう。

配当や家賃など生涯受け取れる不労所得があるお金持ちはよし。
全く財産のない人は生活保護があるので、
医療費も介護費用も無料になってそれもまたよし。

老後破産にいちばん近い場所にいるのは・・・ 
続きを読む

安全保障関連法案可決

国民の理解が進んだとは言えないまま、
強行採決で可決されてしまいました。

法案自体は野党が言うような「戦争法案」ではないし、「徴兵制」もまずないと思う。

安倍さんは「明確な憲法違反だから徴兵制はない」というけど、
その言葉の裏には、憲法が規定しているのは「意に反する苦役」であって、
「意に反しない入隊なら抵触しない」と思ってるはず。

自衛隊に志願する人が少なくなればどこかでスカウトしなくちゃいけないから、
卒業後数年間自衛隊で働くことを条件に学費や医療費を無料にしたりして、
「自らの意思で」志願したことにする仕組みをつくることでしょう。

 
続きを読む

保育園義務教育化

今や若者代表の論客としていたるところでお呼びがかかる古市君の新刊、
保育園義務教育化」。
               
らしくない、極端なタイトルだけどわかるわ~。
何を隠そう私は保育園礼賛先取り派。
息子もムスメも未満児からの保育園育ち、
オムツはずしも保育園でやってもらいました♪

この著書の原点となっているのが、
ノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大学ヘックマン教授の、
幼児教育の経済学。 
続きを読む

モテの秘訣

教祖様体質のムスメ、職場で「センセイ」と呼ばれ、
同僚・先輩のみならず、
35歳バツイチ上司の恋愛相談まで受けてるらしい(笑)

「みんなメールはすぐ返事するし、話も服の好みも合わせて、
 相手を喜ばせようとがんばっちゃうのよね。
 それが大きなまちがいなの!」
 
続きを読む

「デスノート」の世界観のカギを握るのはおばさんの不在。

夏ドラマは仲間由紀恵・町田啓太の「美女と男子」、
窪田正孝デスノート」の2本をウォッチ。
Lが主役の映画版とはまた違うおもしろさがありました。
さすが「ケータイ捜査官7」で私を釘づけにした窪田だけあるわ♪

ところで「デスノート」には、
40代以上の女性が一人も登場しないことに気が付いた。
夜神月の母親でさえ設定が既に亡くなっているという徹底ぶり。 
続きを読む

洪水は我亡きあとに来たれ

安保法案をめぐる参院特別委員会での集中審議もいよいよ大詰めです。

なんとかこの国会で成立させようとやっきになっている安倍さんや自民党をみると、
法案を通すことが大事であって、
そのあと戦争が起きようが年金や社会保険が破たんしようが知ったこっちゃないよ!
と言ってるみたい。

「洪水は我れ亡き後に来たれ!」が資本主義社会の合言葉といった、
マルクスの箴言はこういうことだったのね。
 

高校生からわかる「資本論」

池上彰先生がこの本でかみくだいたマルクスの「資本論」を、
小学生でもわかるように私的にさらにダイジェストにすると・・・・

⑴世の中は人が働いて作りだした商品やサービスからできています。
 自分ひとりで必要なもの全部を作るより、
 みんなでわけて作ったものを交換するほうが喜ばれるし、
 いろんなものが使えるようになっていい。
 でも持ち運んだりとっておいたりできないものもあるので、
 作る人の働きぷりに応じたお金と交換して手に入れる(=買う)ようになりました。 
続きを読む

国勢調査2015

5年に1度の国勢調査、今年からインターネット回答がスタートしました。
スマホからでもOK!さっそく入力したけど便利便利。
個人情報を入力するので不安な方もいるでしょうが、
これは日本のいまを知る基礎資料となる大事な調査です。
セキュリティも大丈夫!・・・・たぶん(;´・ω・)

一人暮らしの息子も国勢調査デビューなので、
しっかり対応するようメールで念押し。
(でないと完全にシカトしそうだもんね・・・)

しかしというかやはりというか、ここでも
行政の担当者になりすます詐欺が発生しています。 
続きを読む

10個のりんごを3人で分ける方法

お土産でもらったりんごをその場にいた友人と分けて持って帰るとか、
こういうシチュエーションあるよね。

これって、意外と性別で答えがわかれそうな気がする。

①3個づつわけて残り1個を3等分する、
②ジュースにして同分量だけ分ける、
③自分はいらないから他の2人に5個づつ、
または自分は2個でいいから他の2人に4個ずつ持って行ってもらう

とかは、男性目線の解決法かも。
 
続きを読む

希望の資本論

トマ・ピケティ「21世紀の資本」のブームを受けて、
硬派路線の佐藤優氏とソフト路線の池上彰氏が、
資本主義の行く末について語る対談本か・・と思うとすかされます。



希望の資本論 ― 私たちは資本主義の限界にどう向き合うか

今こそマルクスの「資本論」を読んで資本主義を相対化し、
現代を生き抜く力を手に入れよう!という内容でした。

 
続きを読む

築地市場

高校時代の友人と来年移転を予定してる築地中央卸売市場に行ってきた。
卸の人のじゃまになってはいけないので朝9時に集合。
築地卸売市場
観光のガイジンさんがいっぱい。

 
続きを読む

エンブレム白紙撤回

佐野研二郎氏デザインの2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムが、
白紙撤回されました。
東京都や委員会が今までに費やしたお金はもちろん、
スポンサー各社からの損害賠償は免れないでしょうし、
新たなエンブレムを選ぶための費用とか考えると、
この件でいったい何億がムダになったのか・・・
納税者はもっと怒っていいよ。

「今度は一般公募で」という話も盛り上がっているけど、
実績のある専門家に絞って選考というのは、
リスクも費用も抑えられる合理的な方法です。 
続きを読む

ふるさと納税⑷仁木町

メロンがあまりにも美味しかったので、
北海道を代表するフルーツランド余市郡仁木町に再度寄付。
6種類の果物がたっぷり入ったアイスクリーム、12個セット(*^-^*)
アイスクリーム
まだまだあるよ。
 
続きを読む

ラ・カサリンガ

ホテル見学の後は東京駅でちょっと一杯。
ビール(ハートランド!)もワインもスパークリングも、
ハッピーアワー300円につられて入ったイタリアンが大当たり♪

イワシのなんだかロール・・・
イワシ
ああ、すぐアップしないとダメね~。
美味しかったことしか覚えてない(笑)
 
続きを読む