一進一退

新居も決まり、引越し(お輿入れ??)の日を心待ちにしているムスメ。

早く新しいおうちに住みたいなあ。
そしたら一進一退、がんばるわ!」

それをいうなら心機一転じゃ・・・ 
続きを読む

社会人としての言葉の流儀

ハウツー本と思ったら、
70代元朝日新聞編集委員のいまどき日本語に対する苦言辛言エッセイでした。



感動を与えたい・元気をもらいました、○○させていただく、
生きざまなど、ちょっとひっかかる言葉を叱責。 
続きを読む

引越一括見積サイトの賢い利用法

息子の引っ越しに伴う不用品処分、家電リサイクルの処分料や引き取り費用やなどいろいろ考えると、
引越しの時に一括引取処分してくれる業者を探したほうがお得かも。

これも社会勉強!ということで、息子に合い見積もりをとらせて処分品目と料金を問合せ、
一番安い引越業者を選定させることにしました。

ところが・・・
「ネットの見積もりサイトで一括見積ポチしたら、
さっきからジャンジャン電話とメールが来て下見に来るとか言ってきて、どうしたらいいかわかんないよおおお!!!」
と母のLINEに嵐のようにSOSが。

ちょっとお、今ムスメとフィアンセくんと式場で衣装選びの真っ最中なんですけど!

 
続きを読む

パソコン無料回収サービス


就活をあきらめた息子、8月の大学院の入学試験をなんとか突破して進学することになりました。
相変わらず土壇場のリカバリ力すごい。

あと2年学生生活を送ることになったので一駅となりのワンルームを引き払い、ムスメが新居に輿入れしたあとの部屋に戻ることに。
不用品は全部処分しておいで~というと息子、

自作パソコンの処分方法がわからないよう~~~
とSOS。
そーだ、高校時代パソコンおたくの友人と部品から組み立てたパソコンがあったんだった・・・

いいかげん自己責任で探せよ!とはいうものの、つい無料で処分してもらえるのはどこか真剣にサーチしてしまう私。
でもって、探すと見つけちゃうのよね・・・
 
続きを読む

結婚と家族のこれから

副題は「共働き社会の限界」。
フェミニズムでも心理学でもない、
私はこういう切り口で結婚と家庭を読み解きたいの。



現代の趨勢となった「共働き」が世帯の所得格差を拡大するのはその通り。

 
続きを読む

イナカ川柳

山形、金沢、札幌と結婚して四半世紀をイナカで暮らした私、
どの句も景色が目に浮かぶよう。



道行かば ネギネギネギネギ たまにイモ
作者は札幌市東区在住(笑)
 
続きを読む

夫に死んでほしい妻たち

なんてキャッチーなタイトルなんでしょう。
電車の中ではけして読めないわ。



中身はあるある。
私だって、積極的に死んでほしいとは思わなかったけど、
仕事を辞めて分担していた家事を引き受けているうちそれが当たり前になり、
地縁血縁もないオットの赴任先で重度のアレルギームスメと年子で生まれた息子を育て、
渡された食費でアレルギー食品やスキンケア用品をやりくりしながら、
足りないところは赤ん坊が寝静まった夜中にパソコン入力の内職をしてるのに、
オットは3時間おきにかゆみで目が覚めて泣くムスメがうるさいと布団を別室に移動し、
自己啓発だといって高額な英会話のプライベートレッスンにお金をつぎ込まれた時は、
さすがにオットが死んだら・・・って妄想してましたもん。 
続きを読む

劇団四季「アラジン」

1年以上先のチケットしか買えなくて、
待ちに待った劇団四季のミュージカル「アラジン」、
ようやく見ることができました!

アラジン

ディズニーアニメの世界感を裏切らない、
みごとなキャスト&舞台装置。
ハイテンションのジーニーがすごい、すごすぎる~。 
続きを読む

俺のイタリアン

ムスメと汐留の四季劇場にアラジンを観に行く前に、
新橋で早めのお食事。
ということで、「俺のイタリアン」新橋本店へ。
前菜はウニのエスキューマ。
エスキューマ
ウニとカリフラワーのムースの底にコリコリとしたエビとイカ。
イクラのトッピングで420円て、ホントにいいの? 
続きを読む

子の無い人生

負け犬・子なしアラフォーの代表といえばこの方。



昨今はヒット曲も自己啓発本も、さかんに「夢をあきらめないで」と訴えます。が、その手のものがイメージしてるのは若者の夢なのであって、中年女性の妊娠に対する夢ではないのでした。世間は「諦めない人」に対して「そこまでして子どもが欲しいのか」など、厳しいものです(P77)
 
続きを読む

18歳からの格差論

著者の井出英策先生は40代の慶応義塾大学経済学部教授。



中身は装丁みたいに勇ましいものじゃなくて、
18歳選挙権を見据えたやさしい語り口の財政論です。

財政で私が思い浮かぶのは、
「情けは人の為ならず」という格言。 
続きを読む

舌痛症その後

東京医科歯科大の先生から、
「娘さんの結婚式までには良くなると思いますよ」
と言われて始めた舌痛症の治療。

期待をこめて処方されたトリプタノールを飲んで1カ月、
口内や舌を噛んで起きる炎症や痛みは治まったものの、
口渇・動悸・寝汗・中途覚醒の副作用がでてギブアップ。

三環系抗うつ薬はやっぱり強かったか・・・ということで、
次に処方されたのが抗てんかん薬のリリカ。 
続きを読む