脳研究では若手の第一人者、東大池谷先生の新刊です。
脳には妙なクセがある脳には妙なクセがある
(2012/08/01)
池谷 裕二

商品詳細を見る

「他人の不幸を気持ちよく感じてしまうわけ」
「株で儲かるかどうかは人さし指の長さでわかる」
「仕事や勉強の能率を低下させる色は?」
・・詳しくは本書を読んでね。
「笑顔を作れば楽しくなる、姿勢を正せば自信が持てる」
「年齢とともに幸福感は増してゆく」
「健全な精神は健全な胃腸に宿る」
「やり始めるとやる気がでる」・・
金言も脳科学で証明されます。

私的に興味深かったのは、
母親が若い頃によい経験をすると、卵子の染色体やDNAが化学装飾を受けて、
よい影響が子どもに遺伝するんですって。
精子ではリセットされてしまうので女性だけらしんです。
嫁入り前の女の子をしつけ、危険から守り、蝶よ花よと大切に育てるのは、
遺伝的にも理にかなっていることだったのね。

また、人間に求められる集中力も、
生きものにとって不自然なことであるらしい。
集中すると周りに注意がいかなくなる。
外敵が近づいても気づかず、食べられちゃう危険があるんだって。ナルホド。

考えるだけならイヌやサルでもできます。
ヒトに固有な能力は、意味を問う疑問力ではないでしょうか。
・・せっかくならよりよく生きるとは何か、
楽しくごきげんに問い続けたい。そう私は願っています(はじめに)


関連過去ログ↓
単純な脳、複雑な「私 2009.9.21
2013.03.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://chikaova.blog123.fc2.com/tb.php/2018-4cbca419