FC2ブログ

シニアマーケティングのこれから

2016.10.06 22:52|消費生活
博報堂統括プロデューサーである著者が、
「シニア」としての自覚も他覚もない
ポパイJJ世代の50+、団塊世代の60+を中心に、
「新しいオトナ」消費の切り口を鮮やかに提示しています。

  

「新しい大人消費」とは・・・
子どもの独立や定年退職で自分の時間が手に入り、
それを自分あるいは自分たち夫婦のために使うライフスタイル。
私たち、まさしくど真ん中!

キーワードは健康と経済とコミュニケーション。
健康に無頓着な人はもはや国の財政を破たんに導きかねない危険人物?
健康を維持する努力は社会貢献です。

老後は貯蓄を崩し、収入は年金でつましく暮らすという時代は終わり、
新しいオトナ世代は投資で増やしたお金と、
自由時間でちょこちょこ働いて得たお金を使うという消費スタイル。
その消費は同じ世代で閉ざされることなく、
20代、30代の息子・娘世代との、
クロス・ジェネレーションによるコミュニケーションがカギを握ります。

核家族からネットワーク家族へ。
この本では母娘消費が紹介されていましたが、
今どきの50+の金時もちなイノベーターミセス、
いわゆるバブルママは母息子消費に向かっているみたい。

「女子力男子」「パリピ経済」「さとり世代」「ヤンキー経済」などの著者で、
若者マーケティングのトレンドを読み解く原田洋平さんの近著がこちら。
この方も博報堂なのね。



マザコンは高度成長期の専業主婦が作りあげたもの。
均等法世代のバブルママと息子の関係はSNSでつながる、
フラットでウインウインな関係です。

そういえば宇多田ヒカルが人間活動休業前、
真駒内に息子とコンサートに行ったっけ~。
一緒に金沢旅行やアウトレットパークにも行ったし。
はしりか?

ヨーロッパやアジアをみても、
ママっ子男子は世界標準なんですよ。

いずれにしても家族がいて子どもがいるスタイルをベースに話が進んでるけど、
おひとりさまはどこに行くんでしょうね。






テーマ:最近読んだ本
ジャンル:本・雑誌

Comment

非公開コメント

| 2020.04 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ちかおばちゃん

Author:ちかおばちゃん
生活コミュニケーター。

専門は子育て&消費生活。
相談をうけたり、話をしたり、
物を書いては生業としています。
(コメントは承認後反映されます)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

ページトップへ