ちかおばちゃんの生活と意見

「知」とは、「だまされないチカラ」のこと。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

自分では気づかない、ココロの盲点

東大薬学部教授で脳研究者の池谷裕二先生が、
脳のクセ「認知バイアス」をクイズ形式でわかりやすく解説。


いつも皿にのせていたネズミの餌を、
レバーを押すと餌が出てくる仕掛けに変えました。
ネズミはすぐに学習。
そこで、皿にのせたえさとレバーを一緒に並べたら、
ネズミはどうするでしょう?

A.皿の餌を食べる
B.レバーを押して出てきた餌を食べる

答えは、B.
これはネコを除く動物全般にみられる、
コントラフリーローディング効果というそうです。
ヒトも同じで、就学前の幼児に実験するとほぼ100%レバーを押すそうな。
これは「労働の価値」に結びつく。

他にも、
・6種類のジャムと24種類のジャム、どちらが売り上げが多い?
・女性名と男性名の台風、どちらが被害が大きい?
・右分けと左分け、どちらが好印象?
・「ウソをつかないで」と「ウソつきにならないで」どちらが効果的?
・火災報知器が鳴っても逃げずに様子をみる人が多いのはなぜ?etc

・同じ大学の試験で、記名させた場合と、
白人か黒人かだけを記入させた場合、
どちらのほうが黒人学生の点数が低くなる?

マイノリティを自認することで
「周囲の人は自分のことを劣っているとみなしている」と卑屈になり、
相手のちょっとした発言やしぐさにさえ敵意や悪意を読み取りがちになる。
過敏な被差別感による精神的疲弊は、幸福感だけでなく、
知的能力も低下させるという。

一方、「やればできる」と子どもを鼓舞すると、
「やればできるなら今やらなくていもいい」と考え努力を怠った結果、
「やってもできない自分」から逃げるために勉強しない姿勢を守るようになる。
勉強さえしなければ、「やればできる」自尊心が保たれるから(P244)

行動経済学もこれ抜きには語れない。
子育てにも家計管理にも応用できちゃう。
体裁は心理クイズだけどエビデンスはしっかりしてます。



関連過去ログ↓

脳には妙なクセがある 2013.3.5

単純な脳、複雑な私 2009.9.21

愛される技術 2010.3.6
【 2017/03/22 】 読書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL