実は私、自分のことをずーっと広汎性発達障害ADHDっぽいと思っていたの。
でも一般的な自己診断テストではアスペルガーともADHDともちょっと違う。
じゃあなんだろう?と思っていたら、
最近言われだしたHSP(Highly Senditive Person=敏感すぎる人)にドはまり。
診断テスト超高得点の、典型的HSPでした。
舌痛症になるワケだ。



しかもフラストレーションのより大きな外向的HSPときた。
そういえば中学のとき、
国語の先生に生徒指導室に呼ばれてこう言われた。
人には「マサカリ」と「カミソリ」がいて、
見てると私は「カミソリ」そのものなんだと。
カミソリはとてもよく切れるけれど、
刃が薄くてすぐにボロボロになってしまう。
マサカリになりなさい・・・と。

痛みや暑さ寒さや空腹にめちゃ弱い、
すぐに疲れて夜寝ないと無理、
考えている時間が長すぎる、
転ばぬ先の杖を探しまくる、
人の多いイベントや繁華街は苦手、
人から監視や強制されるのが嫌い、
特定の音やにおいや光がダメ・・・

HSPは生まれ持った気質。
カミソリがマサカリになれるわけないよね。
タフさや外向性が高く評価される文化のなかでは生きづらかったわけだ。

それでも自然や芸術や音楽に触れると感動で胸がいっぱいになったり、
インスピレーションが働いてアイデアがたくさんわいたり、
人とは強くつながり深く交流することができたり、
危険や不穏な状態をいち早く感知することができたり、
いいところもたくさんある。
想像力の豊かさと共感力の高さは相談員の仕事に生きてます。

辛かった子ども時代の私に言ってあげたい。
忍耐力がない、ワガママだ、マイペースだってダメ出しされても、
カミソリはカミソリのままで幸せになれるよって。

2017.06.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://chikaova.blog123.fc2.com/tb.php/2994-3f65f548