FC2ブログ

子どもたちの階級闘争

2018.11.11 15:15|読書
「そろそろ左派は<経済>を語ろう」のブレイディみかこ氏の近著です。
おもしろいライターを見つけました。

英国移民になって貧民街にある託児所の保育士として働く立場から、
格差や貧困、欧州の政治情勢への辛辣で確かな鑑識眼を投げかける。


「政治は議論するものでも、思考するものでもない。
それは生きることであり、暮らすことだ。」
クールでドープ
ソーシャルレイシズム
アンダークラスとミドルクラス
ソリダリティ オルタナティブ アナキズム
というあまり一冊の本には同居しないような言葉がナチュラルに噴出。

意識高い系のお母さんたちは、
「外国人を差別するのはポリティカル・コネクトレス(マイノリティへの配慮と寛容)に反するけど、
チャヴ(日本でいうならDQNか低学歴マイルドヤンキーか?)は自国民なのでレイシズム(差別)ではない」と信じて、
自国民の分断を増長させていく。

外国人労働者の受け入れ拡大方針を示した安倍内閣。
経済発展のために弱者の尊厳を切り捨ようとしている日本の、
近未来の姿がこの本にありました。


テーマ:読んだ本の紹介
ジャンル:本・雑誌

Comment

非公開コメント

| 2019.01 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ちかおばちゃん

Author:ちかおばちゃん
生活コミュニケーター。

専門は子育て&消費生活。
相談をうけたり、話をしたり、
物を書いては生業としています。
(コメントは承認後反映されます)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

ページトップへ