fc2ブログ

無人島のふたり

2023.11.24 21:55|読書
一昨年58歳の若さで逝去した直木賞作家山本文緒。
コロナ下で突然すい臓がんで余命4ヶ月と告げられてから、最期までを綴った日記です。

 

1962年生まれ、同じ歳の作家でした。
闘病記ならぬ「逃病記」というごとく、
小説と同じほんわかしたタッチでページが進んでいきます。

離婚、再婚、うつ病で精神科に入院、がんで余命宣告と、
運命の荒波に襲われながらエモーショナルな恋愛小説を書き続けた著者。

日記に「死ぬのも忘れるほど面白かった」と書かれていた
金原ひとみの「アンソーシャルディスタンス」、早速読んでみようと思います。

関連過去ログ

死ぬ気まんまん 2011.10.13
僕の死に方 2013.10.1
転移</a> 2010.2.28
自転しながら公転する 2021.1.23
大学教授ががんになってわかったこと 2014.11.16





テーマ:読んだ本の紹介
ジャンル:本・雑誌

Comment

非公開コメント

| 2024.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

ちかおばちゃん

Author:ちかおばちゃん
生活コミュニケーター。

専門は子育て&消費生活。
相談をうけたり、話をしたり、
物を書いては生業としています。
(コメントは承認後反映されます)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

ページトップへ