fc2ブログ

ネット右翼になった父

2023.11.21 14:14|読書
帰省したら、老いた父親がネット右翼になっていた?
 


調子にのってヘイトスラングを連発する父親に愕然とする息子。
著者もリベラルな左寄りではありますが、
テーマはネトウヨではなくて、
尖ったイデオロギーで関係が分断された父と息子の記録です。

「思想のセット化」の考え方が面白かった。
右翼=原発容認・改憲・移民反対・嫌韓嫌中・領土問題・同性婚反対・夫婦別姓反対

ネットでは一つのテーマをググっているうちに、
興味と関心のある記事しか表示されなくなる。
コンテンツの摂取で得られる一番大きな快楽は、
自身の秘めた情動を代弁、言語化してくれるような言説を知る喜び。
「昔の日本や輝いていた」というのが
リタイアおやじコミュニティの雑談の共通テーマで、
狭い仲間うちでエコーチェンバー現象がおきた(P39)と著者は考える。

日本にも階層(住み分け)があって、多くの市民は自分が所属する階層以外の市民を見る機会がなかった
(むしろ近寄ってはいけないという教育?)P132
社会的弱者とのリアルな接点がないまま仮想のバッシング対象が立ち上がる。
当事者を知らず、想像できず、俺が乗り越えることができたんだからみんな乗り越えられるという誤認からの自己責任論。

「難しい文章がどんどん読みにくくなる。新しい考えがなかなか頭に入ってこなくなる。
世の中はどんどん変わっていく。
老いるということは、新しい情報を得て理解して取り入れる機能そのものが低下するということ」それが70代。
たいがいの高齢者にその自覚がない。

デジタルリテラシーを身につけるのが困難な世代で、
ネットバブルに容易に取り込まれてしまった父親を理解するまでの息子の旅路です。



テーマ:読んだ本
ジャンル:本・雑誌

Comment

非公開コメント

| 2024.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

ちかおばちゃん

Author:ちかおばちゃん
生活コミュニケーター。

専門は子育て&消費生活。
相談をうけたり、話をしたり、
物を書いては生業としています。
(コメントは承認後反映されます)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

ページトップへ