FC2ブログ

公立学校の底力

2008.11.29 06:55|学校・学力
公立中高一貫校設立に向けて、
教育委員会と年内最後の検討会に参加。
内容もいよいよ具体性を帯びてきました。

公立学校の底力 (ちくま新書 742)公立学校の底力 (ちくま新書 742)
(2008/09)
志水 宏吉

商品詳細を見る


著者は大阪大学大学院人間科学研究科教授でご専攻は学校臨床学、教育社会学。
この本は「序章(逆風の中の公立学校)」の部分が出色です。
「学校制度は属性社会から業績社会への歴史の転轍機としての役割を果たしたと言いうる・・・
業績社会はメリトクラシーの社会とも称される。それは、「IQ×努力」であらわされる「メリット」が支配する社会のことである。・・・・「学歴」が人の値打ちを決めるような社会が、今の世の中の現実となったのである」p20

「(公立学校のメリットは)「地域性」「平等性」「多様性」がそれである。
・・・公立学校がもつこの性質は、ある教育理念・方針への賛同にもとづく選択を旨とする私立学校の原理ときわめて対照的なものである。
・・・公立学校は「コミュニティ(生活共同体)」としての性格を強くもち、私立学校のほうは「アソシエーション(結社)」としての色彩をより強く帯びると位置づけることもできよう」p25

以下に紹介されている学校の具体例は、地域的なこともあり同和・人権教育を主体として展開されていて、大阪以外の地域にはピンとこない部分も多いとおもうけれども、
「鍛える学校文化・細川小学校の授業づくり」p66と、
「志のある学校・聖籠中学校の教科センター方式と地域ホームベース」p113は興味深かったです。

特に公立中高一貫校の設立については、
聖籠中学校のコンセプトが参考になると感じました。
「よい学校に入れたい、と思うのは親心です。よい学校を選ぶというのもひとつの選択肢ですが、もう一つはよい学校をつくればよいという道があるはずです。そちらのほうをがんばりたいと思うんですよ。・・・(みんなで)わが町の学校を育てようということになりませんか」坂口教育長、p117

同中を作ろうと自治体が組織した推進委員会は、委員20名のうち教育の専門家はたった3人。
あとは会社員、主婦、農民、大工など、一般の人だったそうです。
公立校をつくるのは自治体や先生じゃない。
住民が熱い思いを詰めて作るのが原点なんですよね。

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌

タグ:公立中高一貫

Comment

 昨日はお疲れさまでした。やはりこの本は購入し、「積ん読」状態でした。e-351

 聖籠中学校の部分を早速読みましたが、よく解釈すれば「地域住民と教員が対等」な関係で学校運営ができていると言えるのですが、ホームベースについての記述を見る限り、地域住民と教員の意識のずれが感じられました。開校当時の教員団の力量と主力教員が抜けたあとの教員団の力差もあるのでしょう。地域のニーズに応えるためにもパイプ役の教員の働きが大きそうですね。

 あと、「町の学校づくり」と「180万人都市の学校づくり」の目指すべき共通点、相違点を明確に考えることも必要だと感じました。

 いろいろと勉強になる情報をありがとうございました。ディベートの先生の情報もわかり次第お願いします。

政令指定規模の都市と小規模の町村では、
学校のコンセプトに違いがあって当然ですね。
「教科センター方式」というのは、現場からみて導入にはいかが思われますか?


 ディベート関係の先生の紹介ありがとうございました。

 「教科センター方式」に関しては否定的な立場をとると思います。中学校では生徒に関する情報交流(意外と生徒のいい面を楽しく紹介しあっているんですよ)が密なので、教科に特化されるとかえって生徒の実態をつかみにくくなると思います。

 それと教科担任が固まっても案外教科の話が出ないかもしれません。その根拠は…。ここでは書けないので直接お会いした時にでも。

 最後に本文中の優先順位には驚きました。地域差でしょうか?自分なら教科経営と学級経営が最初に来て、部活動は最後になります。

やはり現場にいらっしゃる先生にお尋ねしないとわからないものですね。
またいろいろとお教えください。
非公開コメント

| 2020.05 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ちかおばちゃん

Author:ちかおばちゃん
生活コミュニケーター。

専門は子育て&消費生活。
相談をうけたり、話をしたり、
物を書いては生業としています。
(コメントは承認後反映されます)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

ページトップへ