ちかおばちゃんの生活と意見

「知」とは、「だまされないチカラ」のこと。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おくりびと

モントリオール映画祭やキネマ旬報で1位、
たぶん日本アカデミー賞も総ナメだろうと評判の映画がこれ。
おくりびと

筋は読めるし、テーマはなんとなく重苦しいし・・・と思っていましたが、
実際観たら全然違う!
いきなり山響音楽監督の飯森範親指揮による第九演奏シーンがでてきて、
思わず知っている人がいないか、
スクリーンの中を探しまわってしまいました。

雪渓の残る鳥海山をバックに、
タンポポが咲く川原の土手でチェロを弾くもっくんの美しいこと。
テーマ音楽は久石譲です。
映画のタイトルに納棺シーンの映像じゃなく、
この絵をもってきていたらもう少しイメージがよかったでしょうに。

庄内平野の田園に群れる白鳥、
藤沢周平の時代映画でおなじみの桜。
やまがたの早春の、湿度まで伝わってきます。

主人公が傷心を抱え、
母親がスナックをやっていた山形の実家に戻るというシチュエーションは、
まんま食堂かたつむりの世界。
「人は食べないと生きていけない。
そして食べるのなら、おいしいほうがいい」というのは、
山形県民の底辺を流れる価値観なんでしょうねえ。

山崎努、余貴美子の配役がとにかく素晴らしい。
この二人が出てくると、伊丹十三の映画を彷彿とします。
吉行和子、笹野高史の柔らかい酒田弁がまたよい。

惜しむらくは妻役(ウェブデザイナー)の広末涼子。
同じ涼子でも米倉涼子とか、松島菜々子とか、松雪泰子とか、
もすこし力のある女優さんのほうが、
都会とのコントラストがはっきりするし、
ラストの「夫は納棺師です」の一言が生きると思うのですが・・・

コミカルななかに涙あり、神妙な中に笑いあり、
まだ間に合うひとはぜひスクリーンに走っていってほしい映画です。
こんばんは
 ご無沙汰しております。

 この映画は本当に素晴らしかったですね。
 テーマ・脚本・演出・演技のすべてがうまく調和して、本当に美しい日本映画に仕上がっていました。
 重い映画化と思いきや、とても優しく温かく、私たちの日常にある喜怒哀楽が、見事に描かれていたように思います。だからこそ、この映画で描かれた「生と死」が、素直に我々の心に伝わってきたのではないでしょうか。

 モッくんはやっぱりいい役者ですね。「しこふんじゃった」以来、あまり作品に恵まれていなかったと思うのですが、ついに代表作を作りました。今秋、NHKで「坂の上の雲」の主役をするとのこと。今から待ち遠しくてなりません。
 その他、山崎努などみんな素晴らしかった。秀吉さんの演技も、キラリと光っていましたしね。(笑)

 一人でも多くの人に観てもらいたい作品です。
【 2009/01/10 】 編集
kioskさん、こんにちは。

この映画、オットは抹香くさいというし、
子どもたちも興味を示さず、
かといって女友達と見に行くというのもなんだかなあでしたので、
1人で行ったんですよ。

でも、これは家族と見るのがいいですね。

私は妹たちと、
山形のことや父の葬式のときのことなどをあーだこーだと話ながら、
観たかったです。
【 2009/01/11 】 編集
 私は70歳になる母と観に行きました。
 内容が内容だけに、年寄りにはどうかな・・・と思っていたのですが、母が連れていって欲しいと言うもので(これは珍しいことです)、それならばと。
 映画館に入ってビックリしたのですが、観客の8割方がご老人で、さらにビックリしたのが、ほとんどの方が笑い涙し感動していたということです。めったに映画を誉めない母も「ええ、映画やな・・・。」と。
 世代を超えて受け入れられる、本当の名作が誕生したと、その時に感じました。一番受け入れ難いであろうと思われた年代の方々に、これほどまでに支持されるとは・・・。
 機会があれば、是非ご家族で。私もそうしたいと考えています。今後、劇場で観ることは難しいだろうから、DVD化が待たれますね。
【 2009/01/11 】 編集
ああ、そうですね、
母を連れて行ってあげたい映画ですね。
お母様に見せてあげることができて、よかったですね。

うちの母も70です。
この映画を観たら、きっとあたりかまわず、
大声で笑ったり泣いたりしちゃうんだろうなと思います。
【 2009/01/11 】 編集
おくりびと、初めてニュースを聞いて以来チェックしてました。山形の空気が想像できます。映画館に行くのは難しいので、DVDが出たら購入する予定です!
【 2009/01/11 】 編集
山形のばあちゃんにも見せたいねえ、ホントに。
今度一緒に帰れたら、
上山にある「スナック和」を探しにいきましょう。
【 2009/01/12 】 編集
これ、まさみちゃんが観に行ったよ!
2人で行く約束してたけど、子供預け先(ばあちゃん)の予定が合わず和菓子断念(涙)

帰宅して「どうだった?」と聞くと、
「俺、納棺師の仕事もいいなぁ♪」だって。
(影響されやすいなぁ・・・でも死んだ親の顔も怖くて見られない人には無理だと思う)

DVD出るのが楽しみです@

【 2009/01/14 】 編集
それは残念だったね~。

ところで、自分だけしっかりハンドルネームなのに、
おつれあい様の実名だしちゃっていいの?
【 2009/01/14 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。